サイバーバトル


オリンピックにかまけていた間に色々面白いこともあったようだ。

3/1に2chサーバーが、韓国からサイバー攻撃を受けてダウンとか、その前の週はGoogleサーバーが中国からサイバー攻撃を受けていて、Googleは中国から撤退も検討しているとか。

2chへの攻撃は、実は日本への攻撃にはならず、アメリカへの攻撃になる。2chのサーバーは日本ではなくアメリカにあるので。

なのでアメリカの企業が、韓国から受けたサイバーテロに対して、損害賠償の訴訟をするべきかどうか調査しているそうだ。

ネット社会では、地理上の日本と、属性上の日本と、機器の物理的な位置はそれぞれ別だったりする。

韓国がいつもの調子で属国日本に対して、昔ながらの宗主国気取りで攻撃すると、実はその実体は既にアメリカに退避しており、韓米戦争になってしまうということもある。

まぁ太平洋戦争は本当はそういう経緯で始まったのかも知れないねぇ。
世界大恐慌で、欧米勢力がいったん手仕舞いして、アジアからリソースを引き抜いたら、中国や朝鮮といった旧来のアジアの覇者が勢いを取り戻して、欧米に取られていた日本を取り戻しに行ったら、英米と本格的に対立してしまいましたという隠された経緯はあると思える。

庶民は大本営発表のマスコミしか見れないから、実際に何が起こっているかは20世紀の頭であっても、現代であっても、実はほとんど把握できていない。

日本を舞台に、諸外国の勢力が縄張り争いしていても、当の日本人はさっぱり気がつかないで、気がついたころにはのっぴきならない状況になっているという、なんとも怖い話だ。